中華アクションカメラとは?メリット・デメリットをまとめてみた

TEC。Bean 4 KカメラアクションカメラWiFi 14 MPウルトラHD防水スポーツカム148 ft/45 m水中カメラ170度広角レンズと2.4 Gリモート付き、RechangeableバッテリーとAccessriesキット

ここ最近人気が集まっているアクションカメラ。

カメラの新しいジャンルとして確立され、スポーツやアウトドアの際には必要とする人も増えました。

ですが、購入する際に値段がネックになっているという人もいるでしょう。

そんな中、値段を抑えた中華アクションカメラというものが販売されているのをご存知ですか。

値段が安く、購入しやすいアクションカメラとして注目されています。

ですが、値段が安い分デメリットとなる部分もあるため、きちんとした知識を持ったうえで購入することが求められます。

そこで、中華アクションカメラと呼ばれるもののメリット・デメリットをそれぞれ紹介していきます。

中華アクションカメラのメリット

中華アクションカメラを購入することの一番のメリットは、その値段の安さにあると言えるでしょう。

例えば、アクションカメラ界で有名なメーカーであるGoProのアクションカメラの場合、4万円や5万円の商品が販売されています。

ですが中華アクションカメラの場合は、商品にもよりますが、8千円~1万5千円程度で手に入れることができる商品が多くなっています。

特に初めてアクションカメラを購入するという方や、アクションカメラがどんなものなのか買って確かめてみたいという方にはおすすめできる部分です。

また、アクションカメラはアウトドアやスポーツ中に使用することが多いです。

激しい動きやスポーツ中にはカメラばかりを気にしていることができないことも多く、途中で紛失してしまうという可能性もあります。

そのため、紛失の可能性がある場合にも好んで選ばれることが多いのがこの中華アクションカメラです。

中華アクションカメラのデメリット

先に中華アクションカメラの一番のメリットとして、その価格の安さを紹介しました。

ですが、その安さがデメリットにも関わってきてしまいます。

有名メーカーであるGoProの商品と比較すると、当然かもしれませんが、その値段分画質などのパフォーマンスは落ちてしまいます。

種類によってはGoProと比較するどころか、スマートフォンなどよりも画質が悪いということもあるので注意が必要です。

また、商品によっては防水仕様となっていないものもあります。

アクションカメラを使用する場面では、スノーボードなどの雪や水中などの濡れてしまう場合も想定されます。

そのため、使用する場面によって性能をきちんと調べておく必要がります。

商品の幅が多い分、種類によって性能や機能も異なるので、自分に必要なのはどの機能なのか、逆に必要のない機能はあるのかどうかなどをきちんとまとめた上で選ぶ必要があります。

まとめ

中華アクションカメラは値段も安く設定されていて、手を出しやすい商品となっています。

ですが、その分GoProなどの大手メーカーの商品に比べて、備えている機能なども限定的になっていることも多いという側面もあります。

そのため、自分が使用する際に必要な機能などをきちんとまとめて、調べてから購入する必要があります。

中華アクションカメラの購入を考えている方は、それらの点にも注意して購入を検討してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です