アクションカメラがマリンスポーツにおすすめな理由とは?

近年スポーツやアウトドアなどの場面で利用する人が増えているアクションカメラ。

通常のカメラよりもダイナミックな撮影ができると人気が集まっています。

様々な場面で使用されていますが、その中でも力を発揮しているのがダイビングやサーフィンなどのマリンスポーツにおいてです。

では、なぜマリンスポーツではアクションカメラが重宝されているのでしょうか。

その理由を紹介していきます。

アクションカメラがマリンスポーツに向いている理由

アクションカメラをダイビングやサーフィンなどのマリンスポーツで利用するという人は非常に多いです。

これは、アクションカメラがスポーツやアウトドアなどのアクティブな場面での撮影を想定されて作られていることが大きな理由となっています。

動きのある場面での撮影を前提としているため、画角が大きく、臨場感のある映像を撮影することができるようになっています。

また、アクションカメラは屋外で使用されることを想定されているため、防水などの機能を持っているものが多いです。

雨や水しぶきなどで濡れても大丈夫なように、防滴機能をもっていたり、深い水深にも耐えることができるように防水機能を備えているものもあります。

本体自体は防水機能が無くても、オプションである専用ケースなどに入れることで深い水深でも耐えることができるようになる製品もあります。

また、ダイビングなどで深い水深で使用する場合に備えて、わずかな光の中でも鮮やかに撮影することができるようなモードを備えているものもあります。

そのようなアクティブな場面や水中での使用を前提としている装備や機能が充実しているため、アクティブカメラはマリンスポーツに向いているとされています。

マリンスポーツにおすすめのアクションカメラ

ここからは、マリンスポーツで使用する場合におすすめのアクションカメラを2つ紹介していきます。

まず1つ目は、GoProのHERO7 Blackです。

この製品がマリンスポーツに向いている何よりの理由は、特別なオプションを付けずとも耐久性が高く、10mまでの防水性を備えている点です。

そのため、購入すれば特別な操作などを必要とせずに、マリンスポーツでの撮影に使用することができます。

4Kビデオでの撮影にも対応していて、画質なども最高品質となっています。

2つ目は、SONYのFDR-X3000/X3000Rです。

同梱されているハウジングを使用することで、60mまでの防水性能を備えることができるようになっています。

激しい環境での使用でもより綺麗な映像を取ることができるようにするために、SONYのハンディカムに搭載されている空間光学ブレ補正機能をアクションカメラとして初搭載しています。

それにより、運動中などの使用でもブレを補正し、鮮明な映像を記録することができるようになっています。

まとめ

アクションカメラは、その性能から運動中などの使用に非常に向いています。

それだけでなく、通常のカメラでは故障の危険がある水辺や水中でも使用することができる製品も非常に多くなっています。

そのため、これまでは臨場感のある映像を残すことが難しかったマリンスポーツでも気軽に使用できるカメラとなりました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です